全ては子ども達のために。いいえ、自分のために!

Cicicoの『ハッピーエンドじゃなきゃイヤだ!』

楽しいに勝るものはない

 
この記事を書いている人 - WRITER -

いやー、ブログを初めて投稿してバシバシ連投するかなとか思ったけどそうでもなかったですねー。まあ、冷静になればわかりきってたことですけどね。自分がめんどくさがりで飽き性だってことをすぐに忘れてしまうんですよね。でもまあこうして2回目を書いてるんでよしとしましょう。ブログたくさん書いて有名ブロガーになってなんやかんやでたくさんの人に読まれてぽちっとされて億万長者になってる予定だったんですけどまー無理っぽですねー。いやー、無理だわー。無駄に間延びされたこんな文章書いてる時点でもう無理だわー。なんというかブログでまで頭使いたくない!他のことでは頭使ってるみたいな言い草ですねーでもたくさんの人に読まれるためにはたくさんの人のためになることを書かないといけないんですよね?名前も知らない性別も知らない年齢も趣味も宗教も知らない誰かさんのためになる情報?んなもん知るかい!まず名乗れ!お前の内ももたたっ斬るぞ!ぞ!ぞ!ぞ!ところがどっこいこのご時世なんだか細長い四角の中に知りたいことを書くと答えを教えてくれるらしいじゃないですか。その中でピンポイントでわかりやすい答えを教えてくれる人に億万長者への道が開かれるのだとか。もうね。嫌だ。正直。なんかあなたの役に立ちます風の薄っぺらいブログのタイトルが僕のパソコン画面を覆い尽くすの。全然役に立たないんだもんお前の25選。俺が見たいのは安直な答えじゃなくて、普通の人が普通に考えてることだったり普通に悩んでることだったりなんだよね。あの子のブログ覗き見たい!そっちの方がよっぽど役に立つじゃん。自分に置き換えて考えられるし。「金が欲しい」が目的の奴の答えは軽すぎ!おっとっとか!そんな訳で俺がブログを続けられるんだとしたら好きなことだけ書いてなきゃダメだな。でも誰にも見られない。誰の役にも立たないんだったら何のためにブログなんかやるんだろう。ジ・レ・ン・マ♥(続かないなこりゃ。)だいたい長ければ長いほどいいって意味がわからん。文章なんて伝わるなら短いほどいいに決まってるじゃん!と俺は思う。しかしここまで862文字の俺はやめる訳にはいかないんだ!ブログ記事の最適な文字数とされるらしい2000文字を超えるまでは!で、結局何が言いたいかと言いますと、好きなことして生きていきましょうよ。楽しいに勝るものはないって。あっちゃいけないと思う。「楽しい」を追求する限り誰かのせいにはできないもん。「楽しい」を追求できる人は自分の人生を生きてると感じるもん。俺は学童で働いてるから子どもと接するんだけど、子どもは大人からみたらバカみたいなことや、危なっかしいこと、ワケのわからんことをよくやる。さすがに危ないことをしたときには注意するんだけど、「だって楽しいんだもん」「でも楽しいから」なんて言われると返す言葉がなくなる。というか内心では最高だな!もっとやれ!って思う。その時の心の状態が何ものにも勝って素晴らしいと思う。無敵じゃん!その時の心の状態をうまく説明するのは難しいんだけど、ある本に書いてあったコラムの中に「心はどこにある?」ってのがあった。それによると「心ってどこにありますか?」と質問すると胸の辺りに拳くらいの大きさの形を示したり、脳の中にあると言ったり、多少の差こそあれどほとんどの人が身体より小さいサイズだと答えるらしい。だけど本当は心ってのは自分の体よりもっと大きくて身体の中に心があるのではなく心の中に体があるんだって説明があった。まさにそんな感じ!(わかるかな?)楽しいことに夢中になってる間はこころがちょーでかくなってる!って感じ。そのちょーでかくなってるこころをやれ危ないだの、社会のルールだの言われ、怒られ、削られ、今やすっかりしぼんでしまったこころの持ち主が、そう、あなたです!(適当)楽しいことをしていると不意に罪悪感を感じたりしませんか?あれってもしかして楽しいことをしてる時に怒られたからだったりするんじゃないですかねー?(俺に教えやがれ25選!)なんだか子どもに教えることの優先順位が違うような気がしてならないんですよね。楽しいに勝るものはない!僕はそう思うけど現実には「楽しい」より他のものを優先させてる人がたくさんいる。その人たちにとってはどうかわからないけど、僕は子ども達にそう教えていきたい。いやほんとは教える必要なんかないんだ。だって子どもは知ってるもん。だから僕ができることはそれを守ること。とゆうか応援すること。「楽しいことをするって生きてる人に与えられた特権を自分でも気づきもしないで奪おうとする大人や出来事がこれからもきっとある。だけどそんな時にも負けずに楽しいって気持ちを持ち続けて欲しい。いっときは小さくなってしまったとしても、消さずに燃やし続け再びごうごうと燃え上がる時がきっとくる。楽しいは天から降ってきたお気楽な感情じゃない。自分で守り、掴んでいく崇高なものなんだ。だからどうか消さないでくれ!」と学童の先生は願っています。子どもが楽しんでる時の笑顔は最高だからね。5年後も10年後もずっと先もその最高の笑顔が見たいからね。さっ2000文字超えたからお仕舞い。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. […] 先日もスーパーに買い物に行く途中の公園でおじさんがアコーディオンをぷあぷあ弾いていて、やはり外に出ると予想もしていない面白いものが待ち受けていますね。家の中にこもりっきりでは得られない体験というか面白さです。ということで、今日はこの記事を書いたらパソコンの電源を切って遊びに行ってきます。今日はどんな楽しいことが起こるのでしょうか。楽しさは天から降ってきたお気楽な感情ではないらしいので、能動的に動いていきたいなと思ったお話でした。それにしてもいい天気!セロトニン!幸せ! […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Cicicoの『ハッピーエンドじゃなきゃイヤだ!』 , 2017 All Rights Reserved.