全ては子ども達のために。いいえ、自分のために!

Cicicoの『ハッピーエンドじゃなきゃイヤだ!』

くせのうたとばらの花

 
この記事を書いている人 - WRITER -

くっっそ寒い!

いやーさむいですな。僕の部屋は角部屋だから冷気ががんがん入ってくる。しかも3日くらい前からなぜか窓にヒビが入っている。見た感じ外からやと思うんやけど理由が全くわからん。石投げられるような悪いことでもしたかな。

ここ数日すっかりブログの存在を忘れていて、昨日の夜寝る前にブログ書かなきゃと思い出し何について書こうか考えていた。最初は最近ついてないみたいなことを書こうと思っていた。というのも一昨日会社の先輩達としたある賭けに負けシガーバーなんて初めて聞いたしかもぶっちゃけ全然興味もないお店で奢らさせられる羽目になった。(女の子じゃなくパイセンのためにご予算2万ですよ!!パイセンですよ!)まだ行ってないんですけどね。今度行ってきます。もっとついてないのが駐禁を切られてしまったことで、しかも車道の右側に頭から突っ込んで止めていたからか1万8千かかるらしい。普通の駐禁より高いよね?もうその日はテンションだだ下がりだった。いやー、しかしそんなことはもうどうでもいいのです。過去のことですよ。部屋で一人で歌うたってたら忘れた。"誰かにー金を貸してた気がする。そんなことはもうどうでもいいのだ。思い出は熱いトタン屋根の上、アイスクリームみたいに溶けてったー”ですな。これは歌ってなくて実際に歌ってたのは星野源のくせのうたなんだけど。僕は星野源の曲でくせのうたが一番好きなんです!!!もうあんなかわいい顔と声で「悪いことは重なるなー苦しい日々は続くのだー」なんて歌われたら源ちゃんでもそうなら笑って財布差し出すしかないなってなりますよね。

 

君の癖を知りたいが ひかれそうで悩むのだ

昨日苛立ち汗かいた その話を聞きたいな

同じような 顔をしてる

同じような 背や声がある

知りたいと思うには

全部違うと知ることだ

暗い話を聞きたいが 笑って聞いていいのかな

思い出して眠れずに 夜を明かした日のことも

同じような 記憶がある

同じような 日々を生きている

寂しいと叫ぶには

僕はあまりにくだらない

悪いことは重なるなあ 苦しい日々は続くのだ

赤い夕日が照らすのは ビルと日々の影だけさ

覚えきれぬ言葉より

抱えきれぬ教科書より

知りたいと思うこと

謎を解くのだ夜明けまで

君の癖はなんですか?

 

歌詞載せようと思って違うサイト開いてみたら付き合ってる恋人に向かって歌ってる前提で考察してるのがありましたけど、これ絶対付き合ってないですよね?髪ぼさぼさ男の子の脳内再生の歌ですよね?「寂しいと叫ぶには僕はあまりにくだらない」ってこの子かなりやられてますね。相当消耗しまくってますよ。これ。早く新しい歯ブラシ買ってきたほうがいいですよ。寂しさを抱えてる自己肯定感の低い男の子が寂しいと叫びたいけど自分はその価値もないと言っている。なぜその価値がないかと言えば自分の心の大部分が(この子の今の心情としては全てと言ってもいいと思います)寂しさで埋め尽くされているから、寂しさしかない自分には寂しいと人様に助けを求める、助けられるに値しないと言っているのです。「じゃあどうすりゃいいんじゃ?」状態ですよね。これ相当苦しいやつですよ。もし僕が源ちゃんのそばにいたら寂しいと叫んでもいいんだよ。と言ってあげますが、かわいい同級生の女の子にいきなりクラスの端っこの髪の毛ボサボサ男子が「寂しい!」と叫んだらかなりの確立でひかれてしまうでしょう。そうでなくても源ちゃんは癖を聞いただけでひかれそうだと思っています。(いや源ちゃんならいけるっしょ?)しかしだからこそ相手の癖を聞きたいのです。源ちゃんは相手の女の子の癖を知ることによって自分と同じ寂しさや苦しさを抱えていると知りたいのです。あの子も自分と同じ寂しさや苦しさ、何かしらの欠点を抱えているから僕が寂しいと叫んでもきっとわかってくれると思いたいのです。あわよくば優しく慰めてくれるかも知れないと思いたいのです。決してこの女の子が「彼氏の前ではコスプレする」とか「カーブの時に肘が僅かに下がる」とか知りたい訳じゃないでしょう。ちなみにくるりの岸田先輩は「相槌うつよ君の弱さを探す為に」段階まで進んでいます。まさしく先輩です。もしあなたが源ちゃんに会ったら「がっかりしないで源ちゃん。源ちゃんはまだ高校生。岸田先輩はもう京都の大学生だもの。岸田先輩も高校生のときは源ちゃんよりもっとひどかったんだから。」とお姉さんになって言ってあげましょう。大人のお姉さんの魅力に気づけない源ちゃんは寂しくても寂しいと叫べない苦しさから抜け出せず、放課後一人で家に帰りながら考えます。岸田先輩はまたちょっと君に電話したくなってます。「同じような顔をしてる人や、同じような背や声をしている人はいっぱいいるけどこの人達はどうしているのだろう?」「こんな苦しみ味わったことがないのだろうか?」「それともみんな同じように寂しさを抱えているのだろうか?」「もしかしたらもう解決したのかもしれない。」そんな疑問から源ちゃんはたくさん本を読んだり、勉強して賢くなったら答えがわかるんじゃないかと思いました。それでも悪いことは重なり、苦しい日々は続きます。赤い夕日が照らすのはビルと日々の影だけさとセンチメンタルにもなります。しかしそんなセンチメンタルジャーニーのなか源ちゃんは気づきます。「大切なのは知りたいと思うことだ。それはたくさん言葉を覚えたり、勉強したりするなかにあるんじゃない。あの子のなかにあることだ」そしてついに源ちゃんはあの言葉を言うのです。それは出口のない環状線に穴を開けるに等しいものです!最終バス乗り過ごしてもう君に会えないやでも少しほっとしてジンジャーエール飲み干して気が抜けてるこんな味だったっけな先輩を追い越す言葉!そう!「君の癖はなんですか?」

 

違う!違う!違う!趣旨と違う!言おうと思ったのこうじゃない!ついてないけど歌をうたってたら忘れてご機嫌になってるって話からあんなことやこんなことやそんなことを話そうと思ったの!ブログ記事のタイトルは「俺は知ってる」にしようと思ってたことは覚えてるんだけど、それ以外もう忘れたからいいや!なんか歌詞の意味を考察したりとか好きじゃないし、今までしたこともないし読むのもイヤだったけどやってみると意外と楽しいね。僕はそれも全部理解なんてできっこないって思ってるし、その前提があるからがんがん適当に書けたからなんだけど。そんなわけで今日のタイトルは「くせのうたとばらの花」でした。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Cicicoの『ハッピーエンドじゃなきゃイヤだ!』 , 2017 All Rights Reserved.